スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.07.12 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    役に立つ中禅寺湖総括 装備品あれこれ

    0

      JUGEMテーマ:フライフィッシング

       

      どーも。フライフィッシング裏千家家元です。

       

      はてさて、今年のチューゼン、結局4日参戦してセミフライに5回サカナが出てきたのみという惨敗状況でしたが、まあ、それなりに快適に釣りはできました。ただ、出発するにあたって何せ〇十年ぶりということもあり、何を持っていくか色々悩みまくり。結局都合4日間で、なんとなく装備品の結論が出たので、備忘録的に書き残しっ。久々、役に立ちそうなブログなのです。

       

       

      で、条件ですが‥釣り方は、中禅寺湖山側のセミフライたたき釣り。林道から平坦な森の小道を15〜18キロ終日歩き、釣り場はガレ場で岩ごろごろ。

      天候*6月中旬で冷え込むと15度割込み、暑いと25度位。この辺はチューゼン初期とはだいぶ違います。

      課題*天候急変あり。雨対策必須。こんな感じかしらん。

      大雨だぁ。ラインが飛んでいかない‥

       

       

      で、まずは服飾関係から‥

       

      .肇譽奪ングシューズ⇒反省点:ローカットタイプを選択したが、山道で結構ごみが入る。ハイカットタイプかスパッツ必須かしら。さすがに歩く距離が長いので、ムレ防止にゴアテックスのが欲しい。フェルト底のウェーディングシューズだと、濡れた落ち葉一杯の斜面を降りる時とか滑ってあぶないです。

      靴下⇒初回は普通の靴下。帰宅後となり同士の指が互いの爪で傷つけあって、結構悲惨。五本指ムレないハイソックスをワークマンで入手したところばっちり。現在全靴下五本指化進行中です。

      ウエア⇒ランニング用汗を飛ばしやすいタイツに、夏山用薄手のクライミングパンツ。これで完璧でした。

       

      ぞ絨⇒1.夏用Tシャツ 2.夏用長袖作業着 3.雨予想ならばゴアのカッパ 4.防寒着としてユニクロのペラペラダウン

      5.マスク兼防寒用にチューブバンダナ 帽子は雨想定の時はフードがかぶれるキャップ。他に偏光グラス。手ぬぐい。

       

       

      釣り具関係

       

       

       

      .汽 6〜8番 WFもしくはアンダーハンド可能なST シンクヘッドをつけて沈めに対応。

      ▲侫薀ぃ贈錬悗魯札漾^っ張り用 ドライ用 ニンフ用各1

      小物はマーカー シンカーセット 粉フロータント チャリンコグリス ゴミ箱 熊鈴 

      ぢ腑螢蝓璽好優奪箸魯戰好版愧罎縫泪哀優奪函0榮飴はザックの中

      ゥ戰好箸郎能薀ΕД好肇丱奪阿砲靴燭、フライ出しづらいのとカッパの問題があったんで、ペラペラのメッシュ使用。歩くことを考えると、普通のベストじゃ暑すぎる。

       

      ザック内

       

       

      〕夙釣り具 予備竿 リール一式 予備の道具一式入った袋

      ∪験萢冑福.瀬Ε鵐献礇吋奪函〜亟禧澄)秒邵沺〇1謄札奪函ー蠅未阿ぁ|録洌貅亜.メラ三脚 スマホ 偏光グラス

      食料品 水1リットル 500ミリお茶 ウイスキー 菓子パン3個 魚肉ソーセージ

      んで、雨天を意識して、ワー〇〇ンでかっこいい迷彩の防水ディパックを買ったのだけど‥

       

       

      迷彩が強力すぎて、岸に置くと行方不明になりがち。あらま。目印つけるって本末転倒のような。

       

      あと、1泊車中泊は‥

       

      )百対策 そんなに死ぬほど冷え込まないので、シュラフはロゴスのスリーシーズンでオッケー。さすがに寝間着替わりのジャージ上下はあったほうが快適。

      ⇒漆 クーラーに凍った缶ビール2本、レトルトご飯、ハンバーグ、トマト、キュウリ、おつまみ、朝食用パン一つ。こんなもんであとは現地調達を考えるべき。

      あかりに少し工夫が必要でしたぁ。虫対策は全くいらなかった(不思議)

       

      季節が早いと、ネオプレンウェーダーに変えたり、車中泊対策を強化する必要があるけど、セミシーズンで、山側徒歩を考えるとこれで良いかと思います。来年のチューゼンのせみ打ち季節の到来、楽しみです。

       


      中禅寺湖戦記2020

      0

        JUGEMテーマ:釣り全般

        どーも。フライフィッシング裏千家いへもとです。

         

        今年はやる気をだしていたのですが、変な病のおかげで初釣りが延びに延び‥で、チューゼンが口開けになっちゃった。

        初回は豪勢に一泊二日。難物チューゼンといえども二日あれば何とかなるでしょう。今宵のお宿は車中泊。自慢のアトレー君改、出陣でございます。そういえば、今を去ること大昔、就職すればもう少しリッチなフィッシングトリップができると思ったものの、勤めた印刷会社のお給料が思いのほかお安く、ずーっとレオーネ4WDのライトバンの荷室で寝泊まりしていたっけ。

        時は流れて、でも、今も昔とお小遣い状況はかわらない。入漁料も高くなったしね。

         

        駐車場自炊メニューも昔のまま。チキンハンバーグとトマトときゅうり。あとビールとウイスキーね。

         

        ザック背負って、山側阿世潟までセミつけて黙々と歩く。ポイントにたどり着くと湖畔からいきなり、「カワシマさーん」と声がかかる。だれにも連絡しないで来たのに、しっかりOさんが先行しておりました。まあ、この日は知り合いに逢いまくり。チューゼン上手なセミ師第一人者Kさんや、あれま、駐車場じゃ、つるや釣り具店主ご一同様とばったり。皆様とのご歓談はそれはそれで楽しいや。どの方とも〇十年以上も親しくしていただいていて、とりあえずフライ界の末席に座らせていただいている幸せ感を味わいましたとさ。

         

        で、肝心の釣りですが、二日かけて‥

        あーあ。

         

        夕方一発、どーんとブラウンが出たので、ちゃんと一呼吸おいて合わせたらしっかりした手応えののちに、すぽっと抜けちゃった。セミフライを確認すると片羽消失。残念賞。これではいかんので、翌週6月16日、17日も参戦。セミがいなくなっちゃうー。

         

        払暁の出撃。ヘッドライトつけて鈴を鳴らし、一人また一人と歩き始めるところは、航空母艦を夜間発艦する戦爆隊みたい

         

        いの一番で釣り券を購入したものの、トップを行くと、くまさんとばったりとか嫌なんで、小心者家元は三番目位に歩き出す。

         

        そういえば、昔は阿世潟まで車で入れたけど、ムジナ窪からの道中が悪路なんでレオーネ買ったんだっけ。当時阿世潟のキャンプ場は季節前だったけど黙認で使えたんで、一週間くらい平気でテント張りっぱなしにして、みんなで交互に使ってた。ある時テレビクルーが入っていて、なんだと思ったら、当時東京12チャンネルでやっていた「リョービベストフィッシング」の取材。ディレクターが知り合い。家元の当時の得意先がリョービだったこともあり、出演したこともあるんさ。そんでちらっと取材のお手伝い。家元の釣ったブラウンをゲストフィッシャーマンが釣れなかった時用の保険映像として撮影しとりました。あぁ。思い出した。そのときのリョービさんの新しいスプーンの名前が「アワB−」だったっけ。このころのリョービのルアーの名前はおかしくて、バスクルーダーとか、バスラブとか、往年のディスコファン感涙、スピナーベイトの名前が「シャラマー(ディスコバンド名ね)」ついでにシマノのはディスコフローラとなかなかでした。

         

        大尻の駐車スペースで、今は亡きN編集長のクルマを見つけてとなりに滑り込んだら、乗車していた面々からブーイングが。理由を聞いたら、一台空けたところにカップルのクルマがいて、お取込み中を観察中だったらしく‥みんな広げた寝袋かぶって眼だけだしている謎がとけましたよん。やっぱりチューゼンは知り合いを引っ張るチカラがあるのかしらん。こんなことを思い出しながら杖をしっかりついて、人工股関節と相談しながら、えっちらおっちら一時間あまり。途中気合の入った若い衆3人に抜かれたものの、なんとか阿世潟へ。

         

         

        男体山の朝焼け。なんか不穏‥

         

        上野島の手前あたりをフライロッドを持って、うろうろしていると、また「カワシマさーん」と声がかかる。特に連絡していないのに、またOさんと遭遇。今日もチューゼンで大きいの一杯釣っているKさんも来てるって‥

        鹿とOさん。この鹿、後にずーっといるんだもん‥

         

        Oさんと別れ、一つ先のワンドに入り、セミを浮かせていると、またまた名前を呼ばれる。軽井沢のコーヒーハウス「シェーカー」店主。5年ぶり以上だけど再会を祝う。なんだか前回に続き同窓会状態だけど、やっぱりこの時期のセミブラウンはみんな気にしているんだねぇ。

        二日目に入ると、風向きが急に変わり悪水が入ってきた感じ、セミも全く鳴かず、ついにセミファイナルかしら。

         

        二週間に渡り、体を酷使したら、左の五十肩が快方に向かった感じ。前やった右の五十肩は、北海道でシャケ掛けたら治ったしね。

         

        結局のところ、都合4日いて、セミフライに6回ブラウンが出てきたのみ。まーとりあえずチューゼンは参加することに意義はあるし、山側なんぞ入ったの40年ぶり位だから釣れなくても当たり前。それよりも、昔よりも明らかにサカナが多い感じはするし、トレイルや阿世潟の林の中にごみが落ちていないし、気持ちがよかったんで、また来年。今度はもう少し早い時期から立木観音の駐車場に出没する予定でございます。

         

        チューゼン行った日と他の日の格差がすごい。このデータで健康のためにということで来季のチューゼンの釣りを家族に容認させる次第でございます。

         

         


        ザンバランフジヤマとわたくし

        0

          どーも。スーパーご無沙汰です。フライフィッシング裏千家家元です。


          さてさて、新年です。家元の今年の抱負は、バックトゥ ベーシック。

          ということで、とりあえず歩いてみようかと、って幼児帰りかい(笑)


          いや、実は年末の大掃除でなんと40年位前の山靴発見。

          ザンバランフジヤマ ロングセラーにも程があります


          んで、履いてみたら歩きたくなっちゃった。といっても右足人工股関節なんで、いきなり登山は無理。


          で、ご近所をステッキ二本ついてうろうろ。安全で良い運動かと思いきや…


          初日は、早くも区画整理中の地域で道に迷い、プチ遭難。

          ついで、野生動物使いに遭遇、ワンワンという声で、恫喝されちゃった。


          まあこんな格好じゃ、犬も吠えたくなります


          せっかくの山靴だからと、区画整理中の砂利道をわざわざ歩くと、ワンワンのう×ちを踏みそうになる。極めて危険。


          でもまあ一時間ほど、ドナ・サマーとか聞きながらリズムを取って歩けば、体が暖まって気持ちがいいや。


          てなことで、いつまで続くかわからないけど、本年は駄文書きや野外宴会等、遊びの窓口を昔並みに増やそうかと思う次第でございます。

          裏千家、地味に復活。又々お付き合いくださいませ。






          PR

          calendar

          S M T W T F S
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << August 2020 >>

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • それで自由になったのかい?
            いへもと
          • それで自由になったのかい?
            OER3001
          • ホンダビートイベントと浦和ロックンロールセンター
            家元
          • ホンダビートイベントと浦和ロックンロールセンター
            Powered♪papa

          recommend

          links

          profile

          書いた記事数:18 最後に更新した日:2020/07/03

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM